シミを薬でラクラク改善|シミの改善で四季映る肌を保つ

シミへの対策

不安な女性

シミはメラニンと呼ばれる色素が肌の奥に沈着したものであり、多くの女性に起こりやすい現象であります。メラニンとは肌の内部で作られる色素のことであり、メラニンによって私達の肌は紫外線から守られています。通常メラニンは生成された後肌の表面へと排出されるようになっており、ターンオーバーによって一ヶ月ほどで通常の肌に戻るような仕組みになっています。ですが加齢やストレスなどの原因によってターンオーバーは上手くいかないようになるため、排出されないメラニンが肌の奥に残ってしまうようになります。これがシミとなってしまうのです。シミが発生するとターンオーバーのサイクルが乱れて正常に機能しなくなり、肌の細胞の機能が悪くなってしまうなどの悪影響も発生するように鳴ってしまいます。シミを防ぐにはこうしたターンオーバーを正常なサイクルに戻し、肌の機能が正常に機能するようにすることが必要です。また、シミ予防の薬などを使用するとよいでしょう。

シミを防ぐにはまず紫外線を防ぐのが最も有効な予防方法です。紫外線が肌にダメージを与えることによってシミが増えたり肌のターンオーバーが乱れたりするので、外出する際には日焼け止めなどの薬を利用して紫外線対策を行うようにしましょう。日焼け止めにはSPFなどと言った皮膚がんを発生させたり肌を赤くしたりしてしまうUVーBを防ぐ効果が数値として表されており、SPFが含まれた日焼け止め用の薬を使用するだけで効果的に肌を保護することができます。また日焼け止めに含まれているSPFの量はそれぞれ違い、SPFの数値が高ければ高いほど高い紫外線対策を行うことができます。日焼け止めを使用する際はSPFなどの数値を確認し、より高い紫外線対策を行えるように工夫しましょう。